ハッカソンとは?
ソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者、プロジェクトマネージャらが集中的に共同作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベントである。時にはハードウェアコンポーネントが扱われることもある。ハッカソンは一般的に最低限1日から一週間の期間で開催される。いくつかのハッカソンは単に教育や社会的な目的を意図に開催されるが、多くの場合使用に耐えるソフトウェアの開発や既存のソフトウェアを改善することを目標としている。また、使用プログラミング言語、オペレーティングシステム、アプリケーション、API、主題や参加プログラマーの人数を定める傾向にある。
                             (引用:WikiPediaより)
うーん、よく分かりませんね。。
要は、「限られた時間の中で、みんなで力を合わせて、ひとつのサービスを作りあげる
と思って頂いてよいと思います。
時間が限られていることで、単に高いプログラミング能力があればいいというものではありません。
  • 新しい発想による企画力
  • それを形にする技術力
  • 仲間同士のコミュニケーション
  • 進行管理
が必要になってきます。
特に、「コミュニケーション」。同じ会社で、何年も同じ仕事をやっている仲間ではありません。様々な背景を持った人達が集まったチームで、どこまで円滑にコミュニケーションをとって、作業を進めていけるのかがポイントになってくると思います。
特に、今回の「Hack Challenge Kumamoto」においては、東京やボストンとのチームに参加することになります。もちろんやりとりは、メッセージや、テレビ電話といった形になるでしょう。さらには、日本語ではなく英語でのやりとりも必要となってきます。
大変そうですね。しかし、だからこその「Challenge」。失敗を恐れていては何も変わりません。立ち向かっていきましょう。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly